トップページ ≫ 賃貸不動産用語集 ≫ は行

賃貸不動産用語集

一覧あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら・わ行 | 英数

媒介(ばいかい)

貸主と借主の間に入って賃貸契約をまとめること。また、その役。


パイプスペース(ぱいぷすぺーす)

上下水道管の配管スペースのことをいう。間取図では「PS」と表示してある。


バリアフリー(ばりあふりー)

建築的な障壁・障害がないこと。特に高齢者や身体障害者の日常生活の妨げとなる障害を取り除くこと。


バルコニー(ばるこにー)

中高層住宅で建物の外壁から外側に突き出した形で設置される屋外空間のこと。手すりがつけられているが、手すりの高さは床面から110cm以上と決められている。


平屋(ひらや)

1階建ての住居。 アパマンショップの物件検索では、土地も分かれている住宅であれば、「一戸建て」、土地が分かれていない場合には、「貸家」として検索できる。


普通借家契約(ふつうしゅっかけいやく)

契約期間満了後、借り主が希望すれば契約が更新される。貸主は正当な事由がなければ更新を拒絶できない。


振り分けタイプ(ふりわけたいぷ)

2K以上の部屋でキッチンからそれぞれの部屋に入れるタイプのものをいう。


プレキャストコンクリート造(ぷれきゃすとこんくりーとぞう)

工場であらかじめ鉄筋コンクリートパネルを製造し、これを現場で組み立てて構造体を造る工法で建てられた構造。工期の短縮と狭い現場にも対応できるという利点がある。


フローリング(ふろーりんぐ)

洋室で床が板張りのことをいう。


ペアガラス(ぺあがらす)

二枚のガラスの間に空気層もしくは真空層を挟み込んだガラス。断熱性、遮音性が高く、結露が生じにくいという利点がある。


ベランダ(べらんだ)

中高層住宅で建物の外壁から外側に突き出した形で設置される屋外空間で屋根があるもの。


保険(ほけん)

火災など万一の場合に、財産などを保障してくれる仕組み。


保証会社(ほしょうがいしゃ)

賃貸契約における家賃の支払いについての保証を行う会社のことで、借主の支払いが滞った場合は、賃主の代位をして賃貸人に支払いをすることを保証している。


ポーチ(ぽーち)

玄関前に突き出ているスペースのことで、建物とは別にひさしが設けられている。




※アパマンショップ公式サイトの不動産用語集を引用しております。(http://www.apamanshop.com/help/dic/