トップページ ≫ 賃貸不動産用語集 ≫ か行

賃貸不動産用語集

一覧あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら・わ行 | 英数

カウンターキッチン(かうんたーきっちん)

キッチンとダイニングルームの間に小さなカウンターがついているキッチンのこと。ダイニングルームにいる家族や客と話しながら、調理や後片付けができたり、カウンター越しに調理や皿の受け渡しができたりする。


ガスキッチン(がすきっちん)

ガスコンロを設置することができるキッチンのこと。


角部屋(かどべや)

フロア内で一番隅に位置する部屋のことを指す。


管理費(かんりひ)

エレベーターや廊下等の共用部分の維持管理のため、月々家主に支払う費用。共益費に同じ。


カードキー(かーどきー)

玄関ドア等があらかじめ入力されたデータカードにより解錠できるもの。


キッチン(きっちん)

台所、調理場。


給湯(きゅうとう)

沸かさなくてもお湯が出せる設備。


共益費(きょうえきひ)

エレベーターなど設備の管理や維持のため、月々に家主に支払う費用。管理費に同じ。


共有部分(きょうゆうぶぶん)

例えば、エレベーターや階段、廊下、壁や屋根、ベランダやバルコニーなども含む、集合住宅内において「住人すべての人が利用可能な施設、スペース」の事。専有スペース以外のスペース、設備のこと。


クッションフロア(くっしょんふろあ)

弾力性のある塩化ビニール系のシートを敷いた床のこと。水気に強く、洗剤などで簡単に手入れすることができる。


グルニエ(ぐるにえ)

屋根裏部屋のことをいう。屋根裏を利用して収納スペースにしたり、書斎やアトリエ・子ども部屋にしたりすることもある。


クロス(くろす)

壁や天井などに張る内装材。布、ビニールなどの種類がある。


クローゼット(くろーぜっと)

収納庫のこと。ハンガーパイプがついていて洋服を収納できる場合が多い。


軽量気泡コンクリート造(けいりょうきほうこんくりーとぞう)

内部に小さな気泡を含むコンクリート板を使用した建築構造。比重は水よりも軽く、軽量で加工しやすいため、断熱性や耐火性に優れている構造。


下宿(げしゅく)

いわゆる食事付きのアパートのこと。部屋の広さは4畳半から8畳くらいが多く、トイレ・シャワーは共用。ガス・水道・電気代は家賃に含まれている事が多い。


原状回復義務(げんじょうかいふくぎむ)

退去時に、入居者が故意過失・善管注意義務違反・通常使用を超えた分の破損汚損などを復旧する義務のこと。


権利金(けんりきん)

権利金とは、借地権や借家権の設定・移転の対価および賃料の前払い等として、地代や賃料以外に支払われる金銭をいいます。担保である敷金とは違い、契約終了(明渡し)時には返還されません。


更新料(こうしんりょう)

賃貸契約期間終了後、引き続き契約更新を行う際に発生する費用で、借主から貸主に支払われる一時金のこと。


構造(こうぞう)

棟・床・壁等の日照・騒音に直接影響を及ぼす建築工法工材の種別。鉄筋コンクリート造(RC)、鉄筋鉄骨コンクリート造(SRC)、プレキャストコンク リート造(PC)、鉄骨プレキャストコンクリート造(HPC)、鉄骨造(S)、気泡コンクリート造(ALC)、軽量鉄骨造(LGS)、木造等がある。


戸建(こだて)

建物が独立し、なおかつ、土地も独立している住宅。「貸家の一種」。


ゴミ集積場(ごみしゅうせきじょう)

ゴミを集める場所のことで、建物内と建物外にある場合に分かれる。



※アパマンショップ公式サイトの不動産用語集を引用しております。(http://www.apamanshop.com/help/dic/